HOME > 採用情報 > ビジネスの概要

採用情報

ビジネスの概要

伊藤忠丸紅特殊鋼の特徴は?

通常、特殊鋼はステンレス、構造用鋼・工具鋼、線材でそれぞれの専門業者が取り扱っています。私たちはそのような業者間の垣根を取り去り、素材から加工品までトータルに取り扱うことのできる国内随一の流通業者として、2000年に次の4社が統合して丸紅特殊鋼(株)として発足いたしました。

  • ・特殊鋼(構造用鋼・工具鋼)の (株)タナクラ
  • ・ステンレスの セイコーステンレス(株)
  • ・線材の 丸紅スチール(株)線材部
  • ・丸紅鉄鋼貿易(株) 特殊鋼貿易部

(その後、親会社である丸紅(株)と伊藤忠商事(株)の鉄鋼部門が統合し、伊藤忠丸紅鉄鋼(株)が発足したことに伴い、当社も伊藤忠丸紅特殊鋼(株)と名称変更しました。)

業者間の垣根を取り払ったことで、お客様からはこれまでそれぞれの専門問屋に注文していたものを当社に一本化できるメリットがあります。
また、当社は特殊鋼とステンレスの自社加工工場がありますので、お客様のさまざまなご要望に短納期でお応えしています。
(下の図で、本部・支社をクリックすると詳細紹介ページにジャンプします。)

管理本部 関西支社 特殊鋼本部 ステンレス本部 線材本部
ところで特殊鋼って何??

私たちの社名にもなっている特殊鋼とは、鉄にさまざまな元素を加えた合金鋼のことです。
鉄にさまざまな元素を加えると、硬くなったり、熱に強くなったり、磨耗に強くなったり、錆びにくくなったりします。特殊鋼は私たちの生活になくてはならないものとして、身の回りのあらゆるところにそれぞれの特徴を生かして使われています。

当社では、線材・特殊鋼本部、ステンレス本部と本部名が分かれていますが、実はこれらの本部はすべて「特殊鋼」を取り扱っている、ということになります。それぞれの本部で取り扱っている特殊鋼は大まかに言って次のようになります。

  • 線材・特殊鋼本部:
    • 線材部: 各種特殊鋼の線材(線材とは、「はりがね」のようなものです)と線材製品(ボルトなど)
    • 特殊鋼部門: 構造用鋼、工具鋼、ステンレス鋼の丸棒、角鋼、加工品
  • ステンレス本部:ステンレス鋼の板材(コイル、板)

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、伊藤忠丸紅特殊鋼は、特殊鋼のことなら何でもそろう、という会社です。